肩こり解消運動


こんにちは。出張マッサージBody taskの加藤 壮です。

前回、あの筋肉が使われていないからで肩甲挙筋をご紹介いたしました。今回はまた別の筋肉をご紹介いたします。

僧帽筋について

肩こりで、硬くなる筋肉の復習として過去の記事をご参照ください。

重要な筋肉

今回ご紹介する筋肉は菱形筋群です。

“菱形筋群”は、肩甲骨の内側から、いわゆる背骨の棘突起といわれるカラダの中心にある突起についています。肩甲骨の内側が辛い、肩甲骨剥がしてもらいたい、手が自分で届かないだれか揉んで〜と思う所にある筋肉です。

この筋肉も僧帽筋の奥にある筋肉です。

すぐにできる菱形筋群の運動

家でふとした時、デスクワークで疲れた仕事先で空いた時間に行ってみてください。

やり方

①背筋を伸ばし姿勢を正します。背中に手の甲をつけるように、軽く肘を曲げ写真のような姿勢を取ります

②わずかな力で、背中から手の甲を離すように肩甲骨から肘、手首まで一体になったイメージで動かす意識で運動をします。

うつ伏せで寝る前でもできると思います。

 

肩が硬くて背中に手を回せない人向けのやり方

①背筋を伸ばし姿勢を正します。軽く肘を曲げるまでは上でご紹介したやり方と一緒で、手の掌をお腹におへそあたりの高さに当てます。

②ここからお腹を膨らませて少し硬くして、掌で押し合います。この時あまり力を加えずに肩甲骨の内側が動くのを意識して行ってみてください。

この筋肉にあるツボ

膏肓(コウコウ)

この筋肉画像のの青い点付近に“膏肓”(コウコウ)と言われるツボがあります。ここは、病が出る、深刻な不治のものが出ると言われているところで、疲労してくると痛みが出たり、こりが出たりする場所です。

ここを自分で手を伸ばし、指圧、マッサージするのは難しいと思います。一人でするセルフケアとしてはテニスボールなどのボールをここに当て仰向けに寝て圧迫することでケアができると思います。

まとめ

手が届かないところのセルフケアは、工夫やイメージ、やり方が限定されてくることが多くなります。ですが、手が届かなくてもケアの仕方はありますので、空き時間やリフレッシュする休憩時間などで行なって仕事を片付け、プライベートの時間を増やす、勉強時間を増やす、ほかの仕事をする時間を増やしていきましょう。

自宅で、待つだけ、マッサージ。


お問い合わせ・ご予約はこちらから

ID : @yid3200c

友だち追加
お友達追加で簡単予約ができます。
また、無料相談も承っていますのでお気軽にご連絡ください!

 

※お友達追加後に、下記の内容をお送りください。
1.お名前、電話番号をご記入ください。

2.お悩みの症状(簡易的で構いません)