腰痛の治療


こんにちは。出張鍼灸マッサージBody taskの加藤 壮です。

腰痛の治療には、様々な手段があります。運動、薬、物理療法、安静などなど。実際のところはどうなんでしょうか?以前は、腰痛には絶対安静という時がありました。現在では、安静は必ずしも良い治療法ではないと言われています。

腰痛の治療は、発症時期や原因を見極めて

いろんなアプローチの仕方がありますが、原因と発症してどれくらいの時期なのかをお医者さんに診察してもらうことからまずは始めてください。

リスクの高い疾患の有無や、骨の変形など重症化してしまう腰痛もあります。

 

腰痛に対してのアプローチ

 

  • 安静
  • 物理療法
  • 運動
  • 心理行動的アプローチ
  • 代替療法

 

腰痛に対しては、いろんな要素が関わっているので種類が多いですね。

 

安静

大人しくしているということですね。このアプローチは、神経症状の有無によってかわることがあります。今では絶対安静と言われる場合は少ないかもしれません。

 

神経症状がない非特異的腰痛(筋、筋膜、椎間板、仙腸関節、心因性のもの)で、痛みが強くなったときから4週間未満では、痛くても動ける範囲で活動量を維持する方が回復が早いというデータもあります。

 

さらに休む期間が長ければ長いほど職場に復帰するのが遅くなってしまうというデータもあります。

 

 

 

 

 

飲み薬は、腰痛の治療には有用とされています。ですが、ずっと飲み続けるのは、健康上良くありません。

 

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)がよく使われているようですが、薬なので作用を得る代わりに副作用も出てきます。長期間の服用は、副作用の増大につながるのでよくお医者さんとご相談してみてください。

 

飲み薬の治療は、最初の処方だけであとは自宅で飲むだけなので対面して治療してもらえるものと比較すると満足度は低いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

物理療法

 

電気や温熱

熱など物理刺激がここに入ります。

 

ホットパックなどの温熱療法は、短期的に効果があるというデータがあります。温熱療法は、運動と併用すると効果が高いとも言われています。

 

逆に冷やすことは、痛みを和らげることは効果がある場合もありますが、腰痛そのものの原因へのアプローチとしては薄いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

コルセットやサポーター

コルセットは、動けない状態を和らげるため職場復帰や活動範囲を広げることには効果が高いですが、根本的な治療にはなりにくいです。

 

腰痛を起こしそうなことをするときに着けていると予防にとても役立ちます。

 

着けすぎていると、背中やお腹の筋肉が弱くなったり、硬くなったりして逆効果になることもあります。そのほかにも、腰の動きを減らすので体のほかの部位に負担がかかってしまうこともあります。

 

コルセットやサポーターを着けなさいと言われても、夏場はとても辛いですね。

 

 

 

 

 

 

運動療法

痛みの範囲でできることを維持、増やすということで運動療法はとても良いと思います。腰痛を発症してすぐには難しいかもしれませんが少し落ち着いた頃に運動療法をすると、職場の欠勤日数は減ると言われています。無理のない範囲で運動することが大事です。

 

運動には、筋力をつける運動や柔軟性を高める運動など様々です。この運動をすれば治ると言い切るのは難しいです。効果がある運動は人によって違うので専門家に相談してみましょう。

 

 

 

 

 

心理的行動のアプローチ

腰痛に対する知識であったり、生活習慣など本人の意識などにアプローチすることは、とても効果があるとしています。

生活習慣や体の動かし方の変化は腰痛の改善には欠かせないように思います。

 

 

 

代替療法

 

マッサージ

マッサージには、痛みと動かしにくさを改善する効果があると言われています。さらには直接マッサージをしてくれる方とコミュケーションを取りながら行うと満足度も高くなっていきます。最近増えている、心因性のもやストレスが原因の腰痛にはとても効果があるんじゃないかと思います。

 

その一方で運動不足による腰痛の場合は、受けてる時は気持ちよくて良いと思いますが、根本的な解決にはなりにくいと思います。

 

 

 

 

 

鍼治療

鍼治療もするのとしないのでは、した方が痛みと動かしやすさに改善はあるとされています。鍼治療は、上で書いているほかの治療効果を増強するとも言われています。鍼は、好みが分かれますので遠慮したいという方もいます。鍼治療は、筋肉の血行よくする、コリをとるという面では、ダイレクトに筋肉に作用します。自律神経への効果も証明されてきています。

 

 

 

 

 

 

まとめ

どれか1つだけというより、組み合わせていくこと原因を追求していくことが大事です。最近ではストレスによる腰痛が増えていると言われていますので、生活を見直すことの重要性も高くなってきました。意外なことが原因かもしれないので、腰痛治療には多角的な視点が大事だと思います。

 

自宅で、待つだけ、マッサージ。鍼灸もね。


お問い合わせ・ご予約はこちらから

ID : @yid3200c

友だち追加
お友達追加で簡単予約ができます。
また、無料相談も承っていますのでお気軽にご連絡ください!

 

※お友達追加後に、下記の内容をお送りください。
1.お名前、電話番号をご記入ください。

2.お悩みの症状(簡易的で構いません)