温活


 

こんにちは。出張鍼灸マッサージBody taskの加藤 壮です。

冷えは万病の元とよく言われます。それは人間のエネルギーを作り出す際に酵素が活躍するからです。酵素は37〜40℃で最も効率良く働きます。手がかじかんだことはないでしょうか?冷えると人間の体は、動きが悪くなってしまいます。これから冷えがますます強くなる季節です。冷え対策をして温活をしていきましょう。

 

体を温めて肩こり、腰痛などの体の不調を解消。

冷えは体の不調を引き起こします。血行不良により肩こり、腰痛も引き起こします。そして冷えといえば女性かなと思いますが、男性の方が冷え対策には疎いため男性の方が重度に冷えている可能性があります。男女共に冷え対策していきましょう。

 

 

温活の3ルールはこちら

 

  • 冷やさない
  • 温める
  • 血行を良くする

それぞれ見ていきましょう

 

 

冷やさない

冬は冷えてばかりです。冷えることを回避するだけでもプラスに働くことが多いです。

 

熱い風呂を避ける

入浴は、体を温める効果があります。しかし、汗をかくほどの温度での入浴は、逆効果です。汗は、体温を下げるためにかきます。熱いお風呂では、急激に上がった体温を汗をかいて急激に下げにいってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

常温の水を飲む

常温の水を飲むは、健康法として知られています。しかし、体温からしたら冬のこの時期の常温は、低くなってしまいます。日本は、冷やすことや冷凍の品質が高いため、なおのこと冷えている水が手に入りやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

冷やす食材を避ける

これは、健康のためと栄養価の高い野菜を食べている人に陥りやすい項目です。サラダを食べ過ぎるのは体を冷やします。さらに夏野菜は、体を冷やす傾向があります。今は、栽培や流通が良くなったので年中夏野菜が手に入りますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

アルコールの多飲を避ける

この時期は、忘年会シーズンです。冷えたアルコール(ビール)は、美味しいですが体を冷やしてしまいます。少量のアルコールは、血行を良くしたり温める作用もありますが飲み過ぎは禁物です。アルコールは基本体に悪いので、飲み過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

温める

温めるときに、乾いた熱で温めないことです。電気ストーブや電気毛布は、温まりますが体が乾燥していってしまいます。湿った熱で温めていきましょう。

 

 

ぬるま湯に浸かる、脱衣所を温める

上でも紹介しまいしたが、汗をかくほどの温度での入浴より汗をかかない40〜42度のぬるま湯でじわじわ温める方が温まります。さらに脱衣所は温めておくことがベターです。入浴関連での事故死は、交通事故死よりこのシーズンは多いそうなので体に負担をかけない入浴を行なってください。

 

 

 

 

手首、足首、首を温める

この3つの部位は、脂肪がつきにくく皮膚が薄いので動脈と骨を冷やしてしまいます。靴下に関してはゴムが緩いものをお勧めします。

 

暑い湯に入浴は避けた方がいいですが、手足だけは骨をあっためるように熱い湯で温めるのもありだと思います。

 

コンビニに売っているホットのペットボトルで、簡易的な湯たんぽ、ホッカイロになりますのでおススメです。

 

 

 

 

 

温める食材を取る

生姜やニンニク、根菜類を取るとかrだが温まります。冬は特に黒色のものを取ると良いとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

血行を良くする

血行不良が関わってくる体調不良はとても多いです。血液は、止まっていると固まってしまうので、循環させることがとても大事です。

 

深呼吸

腹式呼吸によって、体の還流は良くなります。特に女性は、胸式呼吸であることが多いので意識して腹式呼吸を実践してみてください。

 

 

 

 

 

カフパンピング

足首を動かして、足の筋肉をうごかしましょう。

足首を動かすとふくらはぎの筋肉が良く動きます。

人間は、心臓の力で血液を送り出しますが、心臓に戻す時は、足の筋肉の収縮によって戻ってくるシステムがあります。

デスクワークで足がむくむという方にもおススメです。

 

 

 

ウォーキング

軽めの全身運動と言ったら、ウォーキングがおススメです。運動は血行を良くします。ですが息を止めてしまうほどの強度だと心臓への負担も上がりますので、運動不足の方はウォーキングが良いと思います。腕を振って、肩甲骨を動かすようにするとなお効果的です。

 

 

 

マッサージ

筋肉を柔らかくする、リンパの流れを促すように行うのもとても効果があります。オイルを使って行うのも、疲労回復にもなっておススメです。

 

 

 

まとめ

冬は体が冷えてしまいます。体が冷えると様々な悪影響をもたらしてしまいます。体温が下がると、免疫力や基礎代謝の低下を引き起こします。温活の3ルールを守って快適に過ごしていきましょう。

 

 

 

自宅で、待つだけ、マッサージ。鍼灸もね。


Body taskの出張鍼灸マッサージの紹介記事はこちら


お問い合わせ・ご予約はこちらから

ID : @yid3200c

友だち追加
お友達追加で簡単予約ができます。
また、無料相談も承っていますのでお気軽にご連絡ください!

 

※お友達追加後に、下記の内容をお送りください。
1.お名前、電話番号をご記入ください。

2.お悩みの症状(簡易的で構いません)