マッサージと自律神経


 

 

こんにちは。出張鍼灸マッサージBody taskの加藤 壮です。

自律神経とは、体の機能を自動的に調整する神経です。自動的に体の機能を調整してくれるとは、有難い神経です。この働きが乱れてしまう状態で自律神経失調症というものがあります。今回は、マッサージと自律神経について書いていきます。

 

 

 

 

 

マッサージは、精神的なリラックス効果と副交感神経を高める効果がある

ストレスフル、ITが発展した現代では、自律神経は乱れやすい環境にあります。

自律神経の機能が乱れると自律神経失調症という病気になることがあります。IT関連の方もなりやすい病気です。定期的なメンテナンスは、人生の充実度を高めると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自律神経失調症はどんな症状?

自律神経失調症は、身体的な症状とメンタル的な症状が現れます。

 

 

身体的症状

 

 

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 喉が詰まる
  • 頭痛
  • 息苦しさ、胸が苦しい
  • 全身の疲労感、倦怠感
  • 便秘や下痢の便異常

 

普段調子が悪いというときに現れるものばかりです。

 

 

 

メンタル症状

メンタルの症状は、本人の観察でしかわからないので普段からの気持ちの変化を感じるのが大事です。

 

  • 朝が起きるのが早くなる
  • 不安感が強い
  • イライラする
  • 人に会いたくなくなる
  • 集中力がなくなる、続かない

 

 

などの症状が現れます。

これらは、少し疲れた時やストレスがかかったなと思ったときに出てくる症状です。

 

そのため自律神経失調症の明確な診断基準がないです!

 

 

 

 

 

 

 

 

病はぶり返す

風邪をひいたときに治ったと思って無理をしてぶり返したことはないでしょうか?

ストレス耐性は、生活習慣などで高くなります。そのためかかってくるストレスの増大や生活習慣が乱れたことで症状はぶり返します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体とメンタルは深く関わっている

身体が元気がないと、メンタルも悪影響を及ぼします。メンタルが崩れると身体に症状が現れます!

 

根本的なストレス源や生活習慣を見直すのはもちろん大事ですが、身体的症状を和らげることで、メンタルにも良い影響を与える対症療法も良いと思います。

 

対症療法は、根本治療じゃないじゃんと思うかもしれません。ですが、ストレス源に対しての関わり方や生活習慣を変えるのはエネルギーがいります。対症療法して、体を動けるようにして行動して変えていくことも重要と考えます!もちろんゆっくり休むことを忘れてはいけません。

 

 

 

 

マッサージは、自律神経に影響を与える?

結論からお伝えすると、マッサージでは疲労感の解消(心理的にスッキリ)、副交感神経の機能を高めると言われています。

 

 

 

現代人の自律神経交感神経が働きすぎ

副交感神経が弱まりすぎ

という状態になりやすいです。

 

 

 

具体的な体の反応はどんな感じになるかというと

 

  • 筋肉の循環を良くする
  • 血行を良くする
  • 気分がスッキリ
  • ゆったり深呼吸

 

簡単に4つご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉の循環を良くする

筋疲労は、乳酸とH +(疲労物質)の蓄積と言われています。マッサージにより、筋肉の循環を良くすることで疲労物質の蓄積を解消します。

 

この運動によって、乳酸が発生します。乳酸が発生する過程でH +が発生します。体内がH +で酸性に傾くと筋肉へのエネルギーがたまりにくくなります。これが筋疲労と言われています。

 

筋肉の循環をよくすることで、乳酸は肝臓、H +は肺と腎臓で処理されます。

 

疲れたときや運動した後に、マッサージしてもらいたいと思うのは、感覚として人間はマッサージで疲労回復するというがわかっているのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血行を良くする

皮膚の温度を上昇させて、血管が拡張するので血の流れは良くなり、血圧は低下します。

 

血管は、手先に向かうほど細くなっていきます。1番細い血管を毛細血管と言います。

血管も神経によってコントロールされていて、太さを変えます。血管が細くなり、心臓のポンプ機能が強くなれば血圧は上昇します。通り道が広くなれば血液は、詰まりにくいです。そのため血行が良くなります。

 

緊張すると人間は、心拍数が上昇しますが、マッサージ中とマッサージ後は、心拍数はゆっくりになり体が落ちついた時の反応を起こします。

 

マッサージの後に体がポカポカして、落ち着くのはこの効果です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分がスッキリ

マッサージでは、脳からリラックスした時やウトウトした時に出るα波やθ波が見られます。

 

さらにエンドルフィンというホルモンが分泌され痛みを和らげ、幸せ感を感じるように促します。

 

マッサージ後のスッキリした感覚は、気分転換に最適です。肉体疲労も解消されますが、精神的な疲労も解消すると思います。

 

 

 

 

 

 

ゆったり深呼吸できるようになる

マッサージの効果として、呼吸がゆったりするようになると言われています。激しい運動や、興奮状態の時は、呼吸が荒々しくなります。

 

深呼吸は、自律神経を整える効果があります。呼吸が浅いと睡眠中では、睡眠の質が下がります。

 

さらに酸素は人間に必要なものなので、その量が無意識に減ると不安感が出てくる可能性があります。

 

呼吸は、唯一臓器(肺)を意識して動かせる運動です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

自律神経失調症は、自律神経の乱れで引き起こされます。自律神経の乱れは、運動、栄養、睡眠などの生活習慣の乱れ、ストレスフルの状態が継続することで起こります。現代人は、副交感神経の働きが弱いです。マッサージは、副交感神経の機能を良くします!

 

 

自宅で、待つだけ、マッサージ。鍼灸もね。


Body taskのシステムはこちら

 

 


Body taskの出張鍼灸マッサージの紹介記事はこちら


お問い合わせ・ご予約はこちらから

ID : @yid3200c

友だち追加
お友達追加で簡単予約ができます。
また、無料相談も承っていますのでお気軽にご連絡ください!

 

※お友達追加後に、下記の内容をお送りください。
1.お名前、電話番号をご記入ください。

2.お悩みの症状(簡易的で構いません)